Memorandum

New version Kouhei's Homepage

480円で買える至福の時、香箱ガニ

P1060798
北陸には他にはない蟹である「香箱ガニ」という蟹があります。
僕は北海道出身だから毛蟹が一番だと思ってましたが、毛がにに勝るうまみと
毛がにには無い、内子というスペシャルな味覚を味わえるのが北陸の「香箱ガニ」です。

「香箱ガニ」はズワイガニの雌で手のひらより小さい、非常に小さな蟹さんです。
小さいためか味は濃厚で美味しいです。
そしてなんといっても外子と内子という外子は茶色いぷちぷという食感が楽しめる卵で
、内子はオレンジ色の卵巣でたまらなく美味しいです。
内子、外子、身に味噌を絡ませて食べるときの至福感はなんとも表現できません。

写真はこの辺の飲み屋さんとか料理屋さんが「香箱ガニ」を出すときの様子を
再現してみました。小さいので身を全部かきだして、甲羅に詰めて一気に食べます。
身を集めてるときの期待感が食べるときに最高潮に達します。
この満足感を味わえて、スーパーで2はいで480円なので、幸せです。

今晩はコップ一杯の純米吟醸酒でこの「香箱ガニ」を楽しみました。

Twitter

    follow me on Twitter

    フォロワー