Memorandum

New version Kouhei's Homepage

終末のフール

ロボコンの追い込み前に半分ぐらい読んでたのが今日読了
ちょっと前のプレゼントも短編集でしたが
こちらも短編集。

地球人類の滅亡が8年後に来ると解ったのが
5年前、当初のパニックがパニックに疲れたのか
小康状態になっている仙台が舞台のお話です。

あと3年しか生きられないと解ったら、何をするのか?
普通に生きるしかないのかもしれない。
そんな感じにさせられます。

短編集ですが、登場人物が主役級や脇役級に
関係なく他のお話に登場するので
しばらく時間をおいてから読むのを再開したためか
えっと、この人どこで出てきたっけと思い出しながら
読みました。

2回ぐらい読みたくなるかもです。

マンションの屋上に櫓を組んでるお父さんが
お気に入りです。

終末のフール (集英社文庫)
終末のフール (集英社文庫)
集英社 2009-06-26
売り上げランキング : 403

おすすめ平均 star
starぬー、微妙
star伊坂幸太郎らしくない。
star間もなく人類が滅亡するというのは極端だが、誰もがある種の終末を恐れているのでは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Twitter

    follow me on Twitter

    フォロワー